色々とある自転車の購入時期とは?

色々とある自転車の購入時期

色々とある自転車の購入時期

自転車と言うのは、徒歩や電車、自動車などにはないメリットがあるもので、生活スタイルによっては、あるとかなり便利な物です。
例えば、主婦の方が、スーパーマーケットがいくつもある街に引っ越しをする時と言うのは、購入時期としてピッタリです。
自転車があれば小回りが利いていくつものお店を回ることができますから、買い物が楽しくなりますし、色々な物を安く買いそろえることができます。
栄えている街が2駅、3駅と続いているような街の場合には、自転車で移動してみるのも良いでしょう。
そうすれば、交通費の節約になります。
また、自転車の購入時期に適しているのが、運動不足の時期です。
こいでいると結構運動不足の解消にもなるもので、走行時間が長くなるような地域に住んでいる場合には、積極的に利用してみるのも良いものです。
その他、寒い中こぐのは大変ですから、暖かい時期になった時に購入したり、暖かな気候の土地に引っ越したのをきっかけにして購入するのも一つの手です。

自転車の価格の目安はどれくらい?

毎日の移動手段と割り切って考えてしまうのであれば、自転車は非常に安い買い物です。
ホームセンターで販売されているようなシティサイクルであれば1万円もあればそれなりの物が買えますし、中古でもかまわない、走れば良いというのであれば5千円あれば十分です。
ですが趣味やスポーツとして自転車を楽しむのであれば、そうしたものでは不足を感じることも多いでしょう。
ではそうした趣味やスポーツ用途の自転車の価格の目安はどれくらいなのかというと、最初の目安となる価格が10万円です。
山や川といった悪路を走りたいというのであればマウンテンバイク、舗装路での速度を出したいというのであればロードバイクが候補になりますが、どちらにせよ10万円用意しておけばこれらのどちらかか、両方の特徴を兼ね備えたクロスバイクのエントリーモデルの本体を含めて一式揃えることが出来ます。
ですがこれはあくまでもエントリーモデルですから、それよりも上の中級者モデルであれば20万円ほど、さらに上なら30~50万円ほどを用意することになります。
ちなみに「お金は用意できるから」という理由があっても、初心者は10万円前後のモデルを購入するのが無難です。
というのも中級者以上のモデルは使い方を知っていることが前提になっていますから、初心者が使うとトラブルに繋がりやすいのです。
ですからまずはエントリーモデルで慣れてから次の価格帯を目指すようにしましょう。

Favorite

マンションの投資

2018/12/7 更新


『自転車 価格』 最新ツイート